そして今日も心得違い

反省と勉強の日々。にをいがけと話の勉強を兼ねた天理教ブログ。

これから創まる世界中の胸の掃除

久しぶりのブログ更新となってしまいました。 今回の記事は、1月頃から書き始め、2月初頭くらいには公開できたはずのものですが、思うようにまとめられず、苦心しているうちにやる気を失い、お道の勉強もサボりはじめてしまい、最近になってようやく再開し…

人間の義理を病んで神の道を欠く

明治二十三年十月五日 夜十一時刻限御話 さあ/\/\/\、どんな事/\、まあ/\どんな事や/\/\、どんな事やというや、どんだけ案ぜんならんや分かろまい。一条話たる処の聞き取り、どうぞ間違わぬよう、中々の理が何したんやら分かりゃせん。これだ…

人間が考えた身上さとし

理のある限り神のさしづの理は変わらん。(中略)。何が間違う、こうが間違うと思う心が間違う。(中略)皆分からんで、日々苦労して居る。それはどうしたさかいにどう、こうしたさかいにどう、という理は無い。医者の手余り捨てもの救けるが、神のたすけと…

人は何故に苦労するのか。天然自然順序の理とは何かを考える。

今回の記事には個人の見解が多めに含まれております。 間違ったことを勝手にほざいている可能性がいつも以上にありますので、参考程度に読んでいただければ幸いです。 人は何故苦労するのか? 皆人それぞれ、辛いこと、苦しいことを、身上や事情にて経験して…

おさしづは宝を勉強する上で便利な機能

以前、ブラウザの検索機能を紹介しましたが kokoroetigai.hatenablog.com 今回新たに知ったことがあったので、これももしかしたら既に常識で、今まで知らなかった私が無知だったのかもしれませんが、もしも同じように知らなかった方の為に一応紹介しておきま…

どうしようもない私と世界を見捨てないでくださる親心

素晴らしい藤太郎さん再び目指す。 深谷源次郎先生。 どんな時でも「結構、結構」と言って通られ「結構源さん」の通り名で呼ばれた河原町大教会の初代会長様です。 私はかつてそれに倣ってどんな時でも「素晴らしい。素晴らしいご守護だ」と言って通り「素晴…

神様にお願いをするということ

『はじめに』 このお道は、自分や家族の幸せの為にする信仰ではありません。 信仰した人が信仰した分だけ幸せになるような、そんな生ぬるい教えではないはずです。 我々お道の者は、親神様の世界救けの用木としてこの道にお引き寄せいただきました。 自分の…

「おさしづは宝」再び移転と検索機能

おさしづは宝を、当ブログと同じくはてなブログに掲載しておりましたが、はてなブログの場合、無料プランだと、スマホで見ると記事本文中に広告が大きく表示されてしまいます。 私のような駄ブログなら良いのですが、おさしづの勉強をさせていただく上では邪…

「おさしづは宝」お詫びと訂正

osasiduha-takara.hatenablog.com 「おさしづは宝」は、父がおさしづを研究して、読みやすく解釈したものですが、その時代、その時旬に合わせて解釈が変わるとのこと。 今の時代に合った解釈を父が執筆中ですが、以前こちらには、手違いで過去の解釈のものを…

苦しい時こそボーナスステージ

お道では「身上事情は道の花」と言われております。 世の中には、身上や事情によって辛いこと、苦しいことは沢山あると思います。 しかし、この神様は苦しめよう困らせようとの神様ではないと聞かせていただきます。 むしろ にち/\にをやのしやんとゆうも…

急がしいてならん

明治二十一年四月十七日 夜九時刻限 さあ/\一寸刻限話、何時どういう道に成ると分からん。急がしいてならん。さあさあ身拵え出けた。いつからや、何時や分からん。さあ多くの人が要る。あちらもこちらも手が何人要る。さあ十分の道運んである。言う処をや…

入院してました。

去年の年末、突然倒れて救急車で運ばれ、年末から年を越して1月初旬頃まで入院しておりました。 本来であれば年末か正月あたりにでも遺体で発見されていたところ、不思議な出来事により、奇跡的に命をたすけていただきました。 その時の出来事を書かせていた…

不足したならそれ以上に喜べばいいのでは【修養科の出来事】

修養科中には色々な反省が有りましたが、その中の一つ。 修養科のハッピについて。 私が修養科に行くことが決まり、ハッピに修養科生用の襟を縫い付けなければならないということで、同じ布教所の信者さんで、裁縫が得意な松中さん(仮名)が、それを快く引…

高慢の心【修養科の出来事】

今更ですが、前回の続きです。 前回の記事でも言ったことですが、うちの教会では、修養科の前後に教会で5日間勤める(五日勤め)ように決められていて、教会での五日勤めの翌朝におぢばに出発して、修養科が終わったら教会に戻り、教会で五日間勤めた後で解…

修養科に行ってました

二月、三月、四月と、修養科に行っていました。 6月になるのに今更になって四月の話をしているのは情けないのですが、最近何かとバタバタしていたのと、いざ書こうと思ってパソコンの前に座っても、なかなか思うように書けず、つい動画見たりゲームを初めて…

苦労艱難を自ら求める

おさしづは宝(一部抜粋) おさしづは宝とは、父が日々、神様の御心を進んで求め、おさしづを研究し、そのおさしづを解釈したものです。今回はそんな「おさしづは宝」からの一部抜粋となります。 明治三十一年七月十四日 夜昨朝本席御身上御願い申し上げば、…

おさしづは宝ダウンロード

おさしづは宝をダウンロード出来るようになりました。 おさしづは宝 おさしづから教えて頂くことは、常に時代に合わせて変化しているとお聞きします。神様の大掃除がいよいよ始まるにあたり、これからの時代に合わせたおさしづの解釈が進められています。ま…

世界どんな事出来ても怖い道は無い

今回のこの記事は、平成29年(2017年)に書き始め、完成させる事も出来ないまま、下書き保存だけしていたものです。当時の状況と心境を思い出しながら、今回改めて完成させました。 2年ぶりの投稿となってしまいました。 前回の記事が2015年の11月だったので…

不足でするか喜んでするか

教祖のお言葉に 人間は嫌なものを見ると、すぐに嫌やなあと思い、嫌な事を聞くと、すぐに嫌やなあと思う。その心がいかんのやで。その時の心の使い方が大切なのやで。嫌なものを見、嫌なものを見せられた時、嫌やなあと思う前に、ああ見えて良かった、目が不…

夜中に突然の歯痛

何日か前、夜12時半。 寝ていたら何やら寝苦しい。 目が覚めてから寝苦しさの原因が分かりました。 何故かとてつもなく歯が痛い。 下顎の右側犬歯から奥歯にかけてズキズキ痛む。 虫歯とかそういう類の局部的な痛さではなく、歯茎なのか、歯なのか ただただ…

前生因縁のさんげ

先月の23日 急病で病院に運ばれました。 今まで入り込み者として長年お世話になっていた布教所から社会へと出た。布教所の信者を辞めた訳では無く、住み込みを辞めたのです。 兄の知人からアルバイトの誘いを頂き、就活しながらのアルバイトが始まった訳だが…

再開します。

またこのブログを再開しようと思っております。 とりあえず今回は再開の挨拶だけ。

毎日少しずつ

最近はすっかりお道の心が抜けてしまっていました おさしづの勉強をさせて頂きたいしかし、ついつい自分の好くことに走ってしまい、お道から逃げまくっていました。 完全に抜けた今、またかつてのように毎日おさしづを読もうとする気力を取り戻すのはかなり…

申し訳ありません

前回の記事は削除させて頂きました。 コメント下さった方々、申し訳ございませんでした

畑の前にビックリな物が!

当布教所には離れが有りまして畑の前…というよりは横といいますか。数ヶ月前に引っこ抜かれた木の根っこが置いてあって その根っこの前に大変丁寧な置き方である物が置かれて居ました 全体をかなり適当に図にするとこんな感じ 木の根っこに優しく囲まれるよ…

おさしづにお伺い

先日ふと気になった事が有ったのでおさしづにお伺いしました。 心を落ち着けて、余分な人間心を出さぬよう、真に神様のお心を求める気持ちで開く必ず何か教えて下さいます。 神殿でお願いをして、手に取ったおさしづの本のページを適当に開くしかし、全く関…

お守り

今月16日は久しぶりにおぢばへ帰らせて頂きました。 別席者の付き添いです。 一人お守りを頂く若い子が居ましたので、一緒にお話を聞かせて頂いたのですが…かなり心打たれました。 天理教のお守りは、普通の神社等で買ってくるような軽い物ではなく、教祖…

アホアホでいいんじゃない

ボクは役立たずです いきなり何だ? って思うでしょうけど 軽い謙遜だろ?って思うでしょうけど 本当に役立たずです 謙遜なんかでなく、かなり真剣に 男の入り込み者がボクら兄弟を含んで3人いましてその中で一番古いIさんが行事の段取りなどの中心だった…

もう暫くの処、神一条の道にして了う。

明治二十二年九月十七日(陰暦八月二十三日)午後九時 刻限御話 さあ/\/\/\一寸一つの話掛け。さあ/\これ/\どういう事を話掛ける。皆皆ようこれを聞いてくれ。もうこれいつ/\の事に思うて居る。もう時節十分。もう十分に詰み切った処に、一つこ…

むさくろしい者も一時寄せてある

以前、父が書いたおさしづの解釈の一部です さあさあいずれいずれ道を通る。この道には一時の処むさくろしい者(むさ苦しい心の者)も、残念な者も多く寄せて有る。これからは神が表へ表れて、如何なごもく(ゴミや汚れ等と思われます)も掃除するなり。掃除…